2016年10月30日

川崎ハロウィン メーカー系は、雪見だいふく

 日本のハロウィンの聖地、川崎をチェックしてきた。チネチッタをワンウェイに仕切って、満員電車の様相。
IMG_2785.JPG

 街のあっちこっちで、世代の壁を超えて撮影会で微笑ましい。
IMG_2790.JPG
IMG_2799.JPG
 
 ブース以外のメーカーの仕掛けは、少なく、私が、見た限りでは、雪見だいふく。
IMG_2814-29502.JPG

posted by テイト at 17:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

今、「集客」に「一番」効果がある!!

 10月第4週の夕方に、JR川崎駅の駅ビルの「アトレ川崎(2015年の年商 231億7100万円)」の前を通りかかったところ、黒山の人だかりだった!!

IMG_2427.JPG

 仕事柄、何をやっているのか気になって見たところ、店頭で青果の対面販売を実施していた。

IMG_2424.JPG

 POPには、「澤光(青果カテゴリーキラー)夕市」のタイトルで、100円台の野菜に女性陣が殺到していた。
 今、相場高騰時の「野菜」の安売りは、集客効果抜群!!

IMG_2429.JPG

 当社のクライアントによると、野菜相場高騰は、あと2週間位続くとの予測だ(あくまで個人の見解)。

posted by テイト at 13:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | 更新情報をチェックする

関西スーパー!H2O資本業務提携!オーケー対策!!

 10月27日の日経新聞によると、エイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)が、関西スーパーと資本業務提携する。関西スーパーが実施する第三者割当増資を、H2Oが数十億円で引き受ける。
これは、首都圏地盤のディスカウントストアのオーケーが9月に関西スーパーの株式大量保有を発表したことによる「対策」だ。
 それまで1,000円前後だった関西スーパーの株価は1,942円まで急騰して、9月2日には、400円アップの「ストップ高」となった。

 オーケーの関西スーパーマーケットの「株保有比率」は、下記の通りだ。
1.大量保有報告書
1)9月1日 5.60%
2)9月2日 8.04%(追加取得日8月26日)

2.オーケーが株主2位となる。
 株主1位は、「取引先持株会」で10.07%

 そこで、オーケーと関西スーパーの財務状況をチェックしてみる。

1.年商 2016年3月期
1)オーケー 3074億円(前期比8.9%)90店舗
2)関西スーパー 1200億円(前期比1.0%)70店舗

2.オーケー 2016年3月期
1)営業収益 3074億9200万円(前期比8.9%)
2)売上総利益率 20.98%
3)販管費率 16.3%
4)経常利益率 4.89%

3.関西スーパー 2017年3月期第1四半期の連結業績
(平成28年4月1日~平成28年6月30日)
1)営業収益 292億600万円(前期比-1.7%)
2)営業利益 2200万円(前期比-93.8%)
3)経常利益 9800万円(前期比-81.1%)
4)経常利益率 0.34%
コメント:財務的な観点からすると、首都圏の非上場の好調企業が、関西の上場の現在、苦戦気味の企業に対して、経営統合も視野に入れた「敵対的」な株式の買収を仕掛けたといった図式だ。

 関西スーパーの2017年3月期第1四半期の連結業績は、減収「超」減益となっており、経常利益率も0.34%だ。
 それに対して、オーケーのそれは、4.89%となっている。

ただし、オーケーもディスカウント業態なので、本来であれば販管費率は15%以内に抑えたいところだが、「人手不足」「人件費高騰」等の要因によって、16%を超えている。また年商が3000億円前後というのも、今後の企業の発展性からすると1兆円も視野に入れた戦略が求められるところだ。

 ちなみにH2Oの2017年3月期連結経常利益は、従来の増益予測(8%増249億円)から減益予測(11%減205億円)に転じた。また株式会社阪急阪神百貨店の2016年9月度売上速報によると全社計前年比-6.8%と大幅マイナスとなった。
posted by テイト at 12:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | 更新情報をチェックする