2017年02月09日

まだ間に合う?!今年のバレンタインのオサエドコロ‼

バレンタインまで数日となりましたが、WEB・通販今年のバレンタイン・トレンドをチェックしてみた。
今年の大きな特徴は、何といっても14日が「火曜日」となり、3年ぶりの「平日」の日程となったことだ。

<今年のバレンタインの概況>
1.3年ぶりの「平日」!
1)会社の同僚や学校の友達に配る「義理チョコ」「友チョコ」ニーズ大!

2)「手作りチョコ」ニーズ大!
 「本命用」<「安く多く作れる」‼

2.ヤフー
1)取扱高前年同期比(1月6日~22日)
 6割超増!

2)ヤフーの売れ筋 
 リーズナブルな義理チョコ・オフィス配りのための定番チョコ
「プレミアムチョコカステラ」「ショコラリーブル」「チョコいちご」など

3)「手作りチョコ」検索の伸び率‼
①10代 47倍(前年同期比)
②20代 22倍(前年同期比)

4)かわいい&おしゃれコーナー新設
 SNS映えするチョコレートのニーズが高い!

3.高島屋
 16%増で推移

4.ベルーナ
1)9年連続第1位
 チョコレートオレンジミルク
 1箱700円・5箱3450円・10箱6880円

2)今年の売れ筋
 キャラチョコ たっぷりバラエティパック 1袋 2980円
 「てんとう虫」「車」「コイン」等が入っている

コメント:今年は、3年ぶりの平日のバレンタインとなり「義理チョコ」ニーズから「手作りチョコ」「お買得チョコ」のニーズが高いことが分かった。

 一方でSNS映えする「かわいい&オシャレ系」の人気も高い。
プラザでは、アニマル・スヌーピー・スターウォーズアイテムが充実していた。

IMG_8027.JPG

IMG_8036.JPG
posted by テイト at 13:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

ビオセボンの恵方巻 海苔に巻いていない!

2月3日節分に12月9日にオープンした麻布十番のフランス発オーガニックスーパー「ビオセボン」の「恵方巻」をチェックしてきた。

IMG_7952.JPG

 フランスのオーガニックの切り口で、「恵方巻」をどう表現するかが気になった。
(国内の恵方巻は、大体ネタ的には一緒だから)

 HPには、「ビオセボンは、2008年にパリで創業された、ヨーロッパで100店舗以上を展開するビオ・スーパーマーケットです。近年は出店地域を広げていて、フランス国外ではイタリア・ミラノ、スペイン・マドリッドでも出店している他、2016年にベルギー・ブリュッセル、スイス・ローザンヌへの新規出店を果たしました。」とある。

 ビオセボンの恵方巻POPには、
1.玄米または黒米と白米
2.オーガニック野菜
3.平がい玉子の玉子焼
とある。

IMG_7954.JPG

やはり画像の真ん中の黒米と白米の海苔に巻いてない「サラダ巻チキン」の見た目のインパクト大!

 ちなみに売価は、日本的なメデタイイメージ全開の末広がりの880円。
posted by テイト at 15:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

丸井グループ 「体験ストア」は、坪当たり売上げ既存店 +20%‼ その2

2.メリット
1)売場をネット空間へ拡張できる
2)接客効率が高い
①接客スタッフは、在庫確認、出し入れ、レジ清算等をする必要がない
②100%接客対応
3)坪当たり売上げ
 既存店 +20%

IMG_7324.JPG

3.出店
・静岡店 靴+パンツ
・柏店 パンツ
・吉祥寺店 靴

コメント:アメリカとは異なり、国土が狭く、「異業種」競争が激化している環境下の日本でのオムニチャネルの成功例の一つだ。

 体験ストアは、店舗に在庫を置く必要がないので、実験店舗の段階から、SC・駅等の集客可能な場所へのキャラバン出店を実施してノウハウを構築した。

 私見だが、ABCマートのスキームを上手く取り入れた要素がある。
posted by テイト at 17:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | 更新情報をチェックする