2017年03月29日

明後日は、プレミアムフライデー!

明後日は、プレミアムフライデー!

 2月からスタートしたプレミアムフライデーの小売業に与えた数値のインパクトをチェックしてみた。主な対象は、その効果性が高いと推測される百貨店・GMSを中心に調べてみた。
 ちなみに3月のプレミアムフライデーは、明後日31日(金)の日程。

1.百貨店・GMS 2月24日(金)を前年2月「月末金曜日」対比
1)大丸松坂屋 17.0%増(化粧品・レストラン好調)
2)阪急うめだ本店 16.0%増
3)高島屋 6.0%増
4)そごう・西武 5.6%増
5)三越伊勢丹 0.7%増
6)イオン 20%増
7)イトーヨーカドー 15~20%増

それでは、プレミアムフライデーの2月業績全体への影響はどうだったのか?

2.百貨店・GMS 2017年2月売上高前年比
1)阪急阪神百貨店 2.6%
2)大丸松坂屋 -1.2%
3)三越伊勢丹 -1.2%
4)高島屋 -2.0%
5)パルコ -2.1%
6)そごう・西武 -5.4%(既存店 1.0%)
7)イトーヨーカドー -7.9%(既存店 -5.9%)

 もちろん今年の2月は、前年との比較で考えると「営業日数 -1日」「今年はウィークデーのバレンタイン」「気温の影響」等の複合的な要因が絡むので、売上前年比の結果は、一概にプレミアムフライデーのみの効果と考えられないところがある。
 ただし、百貨店のプレミアムフライデー2桁増企業は、2月業績全体も良かったところからすると、百貨店にとってのプレミアムフライデーは、前年「-1日分」を解消する位のインパクトではなかったかと推測される。

 参加企業が多くなることが予測される3月のプレミアムフライデーの実績は要チェックだ。
posted by テイト at 15:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448525684
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック