2016年10月27日

広島の夜は燃えている!

 本日は、広島です。日本シリーズの視聴率が50%超えの環境下で、市場調査をしてまいりました。
IMG_2726.JPGIMG_2719.JPGIMG_2730.JPG
 今、試合は劣勢ですが、広島は熱い。
posted by テイト at 21:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

【シニアシフト G.Gモール2号店 イオンマリンピア店 店内のカフェが重要!!】

【シニアシフト G.Gモール2号店 イオンマリンピア店 店内のカフェが重要!!】

 2013年5月にGMSの活性モデルとしてシニア世代の消費者向けショッピングモールとしてリニューアルしたイオン葛西店は、リニューアル後は売上前年比108~110%で推移しているそうです。

 そして、G.Gモールの2号店として千葉市のイオンマリンピア店が4月25日にオープンいたしました。そこで、その概要がIT&家電ビジネス7月号「時間消費型店舗でお客の生活に入り込む」に載っていましたので内容をチェックいたします。(文責・中村)

1.平均滞在時間 1時間切れを1時間半へ
 これまでの効率重視のショートタイムショッピング⇒買い物自体を楽しむ

2.目標売上 106%

3.ヘルス&ビューティーケア売上目標 115%
1)調剤薬局 売場面積2倍
2)杖・シルバーカー 売場面積2~3倍
3)ペット関連 売場面積1.5倍

4.G.G世代の購買パターン
1)積極的に広域商圏を買い回りしない。
2)イベントのために来店して、店内のカフェ・レストランを利用して、ついでに食品・良いものを購入。
3)楽器店・クラフトショップが開催する講座への参加者が多い・習い事の発表会等を行う。
4)特にイベントがなくても、巡回バスを利用して、散歩のついでにカフェを利用する。

5.コンシェルジュを店内に配置で、おもてなし
 専門教育を受けた接客スタッフ(家具・家電・食器等)

6.その他
1)未来屋書店の書籍は、隣接するカフェに持ち込むことができる。
2)地下のイートインにはコンセントが使える席も設置

コメント:葛西店に続いて、千葉のG.Gモール2号店がオープンして、2ヶ月を経過しました。
基本的なコンセプトは、葛西店からの継続です。

リニューアルのポイントを俯瞰すると「阪急百貨店」のコトコト販売と共に、「スタバ」「コメダ珈琲」等の「時間消費型」のエッセンスを上手く取り入れた内容となっております。

 また激戦区の環境下でリニューアル後1年経過した葛西店は、売上前年比8~10%で推移しているとのことです。
posted by テイト at 12:42| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

【東急ハンズ 執行役員 長谷川 秀樹氏 ネット会員の80%は店舗出店エリアと重複する!!】

【東急ハンズ 執行役員 長谷川 秀樹氏 ネット会員の80%は店舗出店エリアと重複する!!】

 本日は、品川にて「HITACHI ITセミナー ビッグデータ活用は本当に進んでいるのか?」を聴講してまいりました。

 今回は、特に株式会社東急ハンズ 執行役員 長谷川 秀樹氏の「現場主導ITとビジネス改革のススメ ~東急ハンズのカイゼンは何をもたらしたか」に興味がありました。

 ネットで、長谷川氏のプロフィールをチェックしたところ、「東急ハンズ執行役員ITコマース部長1994年、アクセンチュアに入社後、国内外の小売業の業務改革、コスト削減、マーケティング支援などに従事。2008年、東急ハンズに入社後、情報システム部門、物流部門、通販事業の責任者として改革を実施。デジタルマーケティング領域では、ツイッター、フェイスブック、コレカモネットなどソーシャルメディアを推進。2001年、執行役員。2013年、ハンズラボを立ち上げ社長就任」とありました。

 関西弁の独特なノリでバイタリティーある話し方は、短時間でしたが非常に魅了されました。

 講演中のパワーポイントに「ネット会員の80%は店舗出店エリアと重複する。いかにECを店舗の後方支援ツールとして機能させ、コアなファンの購買行動を支えていくか。」とありました。

 また、店舗全体の売上の中で「店舗・ネット共通会員売上」は、約5%ということで「オムニチャネル時代と言われる中、東急ハンズにおける店舗とネットでの買い回り(相互利用)は、まだまだこれから 」と結論づけていました。

 それでもリアルとネットの両方で購入する方は、通常のお客よりも客単価が20%高いとのことでした。

 ほぼ、以前拝見しましたイオンのデータと重複するところがありますので、小売業のオムニチャネルの定説は、「ネット会員の80%は店舗出店エリアと重複」「店舗・ネット共通会員は客単価が高い」です。
posted by テイト at 19:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする